呼吸でお腹を凹ませる

呼吸を意識するだけでお腹を凹ませる方法があるんです!

呼吸を意識するだけでお腹を凹ませる方法があるんです!

腹式呼吸でダイエット効果

 

 

 

たったこの今も無意識でしている呼吸ですが、この呼吸の仕方を意識して少し変えるだけで、お腹を凹ませる運動になる方法があるってご存じですか?

 

道具もいらない、場所もいらない、座っていても立っていても寝ていても効果がありますから、自宅でも職場でも掃除中でもいつでもどこでも簡単にできるダイエット方法なんです!

 

 

腹式呼吸とは

 

 

鼻から息を吸います。

お腹を膨らませます。

お腹を凹ませながら、鼻から息を吐き出します。

 

腹式呼吸のポイント

 

背筋を伸ばして、鼻からゆっくりと息を吸い込みます。

おへその下に丹田というところがありますので、この部分に吸った空気を貯めていく感じでお腹を膨らませます。

息を吸ったときと同じくゆっくりとはき出します。体内の悪いものが抜け出るイメージで。そして、お腹を凹ませながら。はくときには、吸った時よりも倍の時間をかけるイメージでさらにゆっくりとはき出します。

 

 

腹式呼吸が上手くなるとリラックス効果も!

 

 

走った後やトレーニングをしている時などを思い出して欲しいのですが、口でハアハアと息をしますよね?
鼻からよりも口からたくさんの空気を吸うためですが、身体を回復させたい時、特に疲れているときは、走った直後と同じように口から息をしがちです。
ハアハアと速いペースでの呼吸ではありませんが、口呼吸になっていることがあります。

 

逆に落ち着いているとき、寝ているときには、自然と腹式呼吸になっており、「深く吸って深くはく」ができています。
疲れているとき、緊張しているときには、意識して、腹式呼吸を取り入れますと、大量の酸素をゆっくりと出し入れするので、酸素が脳にも充分に行き渡り、疲れが和らぎやすく、緊張も落ち着きやすくなります。

 

 

さらに効果を上げて気を高める方法

 

腹式呼吸で気を高める

 

気力、元気、陽気、陰気、邪気、快気、気軽、気運、人気など、疲れている時ほど元気がなく、やる気もなくなってしまいます。
そんな「気」を呼吸で効果的に高める方法です。
これには場所が必要です。出来れば、大自然のエネルギーが感じられる場所を選びます。

 

同じく鼻から息をゆっくりと吸い、丹田を膨らませながら、ゆっくりとはき出す、呼吸をするのですが、
この時、大きく息を吸うときに、大自然のエネルギーが全身に満ちるイメージで取り込みます。

 

取り込んだ空気(これも「気」ですね)が、体内の全細胞に浸透していくのをしばらく感じます。

 

そして、息を吐くときには、不安やイライラなど不純物が体内から排出されるイメージでゆっくりと履きます。
吐いた息は、自分から遠く離れていくイメージで吐ききります。

 

 

イメージしてください。
キレイなコップに透明の水が入っています。
真っ黒の墨汁がポタポタと入ってきました。水は、黒く濁りますね?
この濁った水をきれいにするにはどうしますか?
キレイな水をコップに注ぎ続けると、濁った水が溢れ、どんどんコップの水はきれいになりますね?

 

リフレッシュをかねて、自然のある場所に行くときには、こういった呼吸も試してみてください。

 

 

腹式呼吸は、有酸素運動との相性がベストマッチ!

 

意識をした腹式呼吸をつつけていくと基礎代謝を高めることができますが、すぐに効果を出したい場合には、ゆったりとした有酸素運動が効果的です。
ハードな動きになりますと、口呼吸になってしまいます。吸って吐いてを意識して行える程度の負荷が適切です。

 

腹式呼吸と相性の良い有酸素運動とストレッチ

 

初心者向け かんたん有酸素運動の動画です。

 

しなやかな体を作る毎日の9分間ストレッチ【柔軟性を高めて代謝UP】の動画です。

 

 

 

まとめ

 

1日の呼吸回数は、おおよそ30,000回だそうです。その内の何回かをゆっくりと意識した腹式呼吸を行うことで基礎代謝を高め、リフレッシュさせることが出来ます。

 

大自然の場所を選べば、淀んだ「気」を浄化させて、気力を高め、元気を取り入れることが出来ます。
流行のマインドフルネスも呼吸が大事ですが、ここでは、ダイエット効果のある呼吸法と有酸素運動についてご紹介させて頂きました。

 

有酸素運動と組み合わせる場合には、ゆっくりとした呼吸の出来る低負荷がポイントで、ヨガをオススメ致しました。

 

たかが呼吸ですが、無意識から意識的へ。



ホーム RSS購読 サイトマップ